私の心は本当に大人?

私たちは、みんな同じように毎年一歳ずつ歳を重ねて行きますが

外見も人によってとても若く見える方もいらっしゃいますし

実際の年齢よりももう少しお年がいっているように感じる方も

いらっしゃいます。

外見もそうですが、心も人によってずいぶん違います。

私たちは大人ですが、

私たちの中には、大人になった今でも

大人になりきれない子ども心があります。

この子ども心が多いと

それが大人の自分の進みたいと思っていることを

阻んだり

何か問題と感じる出来事を引き起こしたりします。

子ども心も人それぞれ、様々ありますが

子ども心が多い方は

「誰かやってくれないかな」

「誰かかまってくれないかな」

という思いを持っています。

私たちは子どもの頃、当たり前に

お父さん、お母さんに何でもやってもらっていました。

そして、思い通りにならない時、

お父さん、お母さんに怒っていました。

直接、怒りをぶつけなかったかもしれませんが

心の中では文句や不満を言っていませんでしたか?

私たちは親にそれくらいのことをするのは

当たり前と思っているのです。

当たり前にいつも無意識にやっているので

気がついていませんが

癖になって、今でも続けてしまっています。

あなたが心の中で、文句や不満をいっていることに

気がついたら、まずはそれを認めましょう。

そしてそれは

「誰かやってくれないかな」

「誰かからもらえないかな」

という子ども心が引き起こしていると理解し

それを手放しましょう。

フラクタル心理学を学ぶことで

子ども心を大人の心に成長させることは出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です