心から愛されたい

私たちは愛する人に心から愛されたいと思っています。

でも、なかなか望むように愛してくれる人に出会えません。

お付き合いが始まっても、

「あなたの愛はちょっと違うの!」

と思ったりします。

私たちは愛する人にどのように愛して欲しいのでしょうか?

「このままの私を愛して!」

「言葉にしなくてもわかって!」

これが私たちの願いかもしれません。

でも、ちょっと考えてみましょう。

この願いは、私たちがかつて、親に求めていてものではないでしょうか?

私たちは心の奥で、こんな風に思っているかもしれません。

「親に十分愛されていなかった」

「親にもっと大切にして欲しかった」

「親にこのままの私を受け入れて欲しかった」

「親になんでも許して欲しかった」

これは私たちの正直な気持ちです。

でも、ちょっと考えてみましょう。

私たちは本当に親に十分愛されていなかったのでしょうか?

親の愛はとても気付きにくいものです。

私たちの深層意識(潜在意識)には

私たちの「子ども心」が住んでおり

その自分勝手な心が正しい理解を邪魔しています。

私たちの周りのものは全て私たちの深層意識の投影であり、

私たちが見ている現実は私たちの心を映し出したものなのです。

よく考えてみましょう。

私たちは、親に十分愛されていたのではないでしょうか?

私たちはそれに気付かず

親に求めていたものを、今、パートナーに求めようとしているのではないでしょうか?

欲しかったその愛はすでに「ここ」にあったのです。

外を探し回る必要はないのです。

私は十分に愛されていて、十分に受け入れらていた

その愛に気づいたとき、人は輝きだします。

そして、自分らしく夢を叶えて生きる人生

そんな素敵な人生が始まるのです。

さあ、あなたの愛する人と

お互いに良い影響を与え合い、協力し、成長していくことの出来るパートナーシップを築いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です